第04話

 翌夜、すっかり疲れのとれたフムフムは、ビューンと夜空に羽ばたきました。

 まん丸のお月様と、少しのお星様が見えています。

 明らかに今までの夜空よりもお星様が減っています。

(酷い……早く見つけないと!)

 夜空に出たからといって昨日のセイリアに出会えるとは限りません。

 でも、昨日失った分を、今日また取りに来ると思ったのです。

 気持ちの良い風に乗り、フワフワと高度を変えながら夜空を巡回します。

「あっ! いたっ!」

 フムフムはセイリアを遠くに見つけました。

 ――ビューン――。

 フムフムは風に乗りスピードをあげました。

 だんだんと縮まる距離。けれど、セイリアはフワフワのことに気づいていません。

 星を集めることに夢中なのでしょう。

「昨日落とさなければよかったのよ!」

 急に大きな声で叫んだセイリア。

 それに驚いたフムフムはビクッと足を止めました。

 フムフムはゆっくりと近づいていきます。

 「あっ! また邪魔しに来たのね!」

 フムフムはセイリアに気づかれてしまいました。

「星を持っていくのはやめてよ!」

「あなたには関係ないわ。邪魔しないでくれる?」

「どうして持っていくの?」

「……」

 セイリアからの返事はありません。

「ねぇ、どうして持っていくの?」

 セイリアはフムフムを無視し始めます。



「聞いてくれないなら、こうするしかないよ!」

 フムフムはスターチップ草を振り回し星屑を飛ばしました。

 フムフムはセイリアに当てることはなく、わざと外しました。

「危ないわね! 邪魔しないでって!」

「持っていかないなら邪魔しないよ」

「あぁもう!」

 セイリアはビューンと猛スピードでフムフムに突っ込んできました。

 急なことだったので慌てていると、フムフムはセイリアとぶつかり、飛ばされてしまいます。

 「痛いっ」

「帰って、邪魔なの」

「だから、持っていかないでよ!」

 フムフムはまた、スターチップ草を振り回し星屑を飛ばしました。

 今度はちゃんと当たるように狙いました。

 その攻撃をセイリアは華麗に避けて見せます。

 (また、疲れさせるしかない) 


 ――シュッ――シュッ――。


 フムフムはそれから、何度もスターチップ草を振り回し星屑を飛ばしました。

 セイリアは星屑の軌道を読みながら華麗に避けていきます。

 しかし、鈍くなっていくセイリアの動き。星屑の軌道への反応も遅くなっていきます。

「持っていかないなら、僕だってこんなことしたくないんだよ」

 フムフムは一度攻撃をやめました。

 肩を大きく動かして息をきらしているセイリア。

 その時、最後に飛んでいたひとつの星屑が命中しました。


 ――シュッ――。


 その様子を見ていたフムフムがチャンスとばかりに、星屑を飛ばしたのです。

 その星屑はホウキの枝に当たり、セイリアはバランスを崩します。

 ホウキから落ちそうになり、セイリアはなんとかホウキにしがみつきました。

「危ないじゃないの!」

「君が話を聞いてくれないから!」
	
ツイート 
ライター : 紀州桜玲

シナリオライターです。シナリオ、小説、全年齢、成人向けを書いてます。
日々勉強です。


挿絵イラスト : ぱじかわ仮面

アニメ原画、ゲーム等のキャラクターデザインを経て、現在はフリーのイラストレーター・絵コンテマン。
ご縁があり小説版フムフムの挿し絵を担当させて頂くことになりました!
つやぷに(造語)した可愛いものが好きなので楽しいです💖
素敵な世界観が伝わるようにがんばります!

Twitter

最新情報を発信したり、いただいたイラストなどを紹介しています。
イラストをリプライで送っていただくと紹介させていただきます。

励ましのメッセージ

いつも応援してくれてありがとうございます!
先生たちに励ましのメッセージをお送りいただけると、やる気が湧いてきます!
※「作品が好き」「ここが好き」のような言葉を含めるとめっちゃ頑張れるよ!

このくらい嬉しくなります→   

メッセージを送る

▲ ページの先頭へ戻る